目立ちすぎはNG!?結婚式のお呼ばれネイルの注意点

親族の女性の使用はマナー違反

結婚式に出席をする時に華やかな場所に合わせてネイルも綺麗に着飾りたいと考える人も少なくありません。しかし、結婚式では親族がネイルをするのはNGとされています。これは決まりごとではありませんが、基本的なマナーとして相応しくないことから、自身が新郎や新婦の親族で会った場合は避けなくてはいけません。

主役を意識して目立ちすぎないことを心掛ける

友人関係など親族以外であれば、結婚式のネイルの使用は問題ありません。しかし、中にはあまりに派手にし過ぎてしまったことで花嫁よりも目だってしまうというケースも少なくありません。
結婚式の主役はあくまで新郎新婦です。そのため、花嫁よりも目立たないようにすることはもちろん、同じようなデザインを避けるために事前にチェックしておくことが大切になります。

場の雰囲気に合わせて色使いを考慮する

前述したように、ネイルをする時は花嫁よりも目立たずにデザインが被らないようにすることが基本ですが、色使いにも気をつけなくてはいけません。
冠婚葬祭ごとに相応しい服装があるように、ネイルの色もそれぞれ異なります。結婚式のような華やかな場所で暗いイメージを連想させる黒やネイビーといった色使いは好ましくないため、できる限り明るい色を選ぶことが大切です。とはいえ、赤やピンクは花嫁よりも目立ってしまうことも考えられるので、お呼ばれであれば青や水色などがおすすめとされています。

プロの意見を参考にデザインを決める

結婚式のお呼ばれネイルは一般的にフレンチやグラデーションと言ったシンプルなデザインの物が相応しいとされています。
マナーを含めて自分に相応しいネイルのデザインに頭を悩ませている人は、サロンなどでプロの意見を参考にするのもおすすめです。

ネイリストとは手足の爪の手入れや装飾を行う職業です。技術と道具を駆使して、お客さんのオーダーに応じた施術を行います。

You may also like...