レーザー脱毛の原理とは?光脱毛との違いは?

光エネルギーで毛にダメージ

現在、プロが行う脱毛はエステサロンなどで行われる光脱毛と、美容クリニックで提供されているレーザー脱毛の2種類が中心となっています。この2つは基本的な原理に共通点がありますが、技術面ではかなり異なります。
光脱毛とレーザー脱毛に共通するのは、光の持つエネルギーで発毛組織に熱ダメージを与えるという原理に基づいていることです。処理したい部位に光を照射すると組織が変性し、数日経つと毛は自然に抜け落ちます。これを繰り返すことによって脱毛を行います。

強力なレーザーのパワー

光脱毛とレーザー脱毛の根本的な違いは、使用する光の種類にあります。光脱毛の場合は白色ランプ光を使うのに対し、レーザー脱毛ではレーザー光を使います。
レーザー光はランプの光と違って照射されても広がることがなく、目標に向かって直進します。そのためエネルギーを拡散させることなく狭いポイントに集中させることができます。つまり簡単に言えば、レーザー脱毛の方がよりパワフルなのです。
レーザー脱毛がクリニックでしか行われていないのも、これが原因です。効果が強いため、専門医師の監修が必要なのです。

複数回の施術で処理が完成

レーザー脱毛に使われるレーザー光は、黒い色素にのみ反応するよう波長が調整されています。そのため、照射しても地肌にはダメージを与えることなく、メラニン色素を持つ毛組織だけを狙い撃ちすることができます。
ただ、肌そのものにメラニン色素が多く含まれているとトラブルになることがあるため、日焼けしている間は施術を控えるべきとされています。また、発毛の休止期に当たっている組織には効果がないため、毛の再生サイクルに合わせて数回にわたって施術を行うことで処理が完成します。

医療レーザー脱毛はエステ脱毛と違い、医師免許を持つ医師が行う脱毛で、短期間で少ない回数での脱毛が可能です。

You may also like...