肩こりを飲み薬で治せるの?ストレッチもやってみよう!!

飲み薬を利用して肩こりの解消を目指す

動物の中でも二足歩行を日常的に行うのは人間ぐらいしかいないとされています。一般的な動物は手を地面について移動します。人は重たい頭を支えながら生活をしなければならず、肩こりが生じやすいといわれます。では肩こりを感じた時にはどんな解消方法を取ればよいかです。肩がこる原因として、肩の部分に炎症が生じている可能性があります。その炎症がひどくなると痛みになり、生活に支障が出る可能性があります。この痛みを解消するには消炎鎮痛薬を利用します。これは飲み薬で、効果が出てくると痛みが軽減し生活がしやすくなります。肩周辺の血行不良によって肩こりの状態になっているなら、筋弛緩薬が良い時もあります。筋肉の疲労が和らぎ、痛みが軽減されます。

適度に肩周辺を動かすようにする

デスクワークをする人に肩こりが起きやすいとされています。デスクワークでは椅子に座って机の上で作業をします。最近はパソコンを使った作業が多く、指しか動かさなくても仕事ができます。指しか動かしていないので、腕や肩などはそのままの状態です。この状態が続くと肩周辺の血行が悪くなり、肩こりが発症してしまうようです。肩こりの治療方法としては、自分で簡単に行えるものがあります。それはこまめに肩を動かすストレッチをする方法です。さすがに仕事中に入力のたびに肩を動かしたりはできないでしょうが、30分や1時間に一度休憩を取り、その時に肩周辺を動かす体操などをします。全く行わないよりも血行が良くなるので、こりの原因が発生しにくくなります。

肩こり 注射なら、辛い症状を抱えている方におすすめです。まずは、整形外科など専門の医療機関で相談しましょう。

You may also like...